新型コロナウイルス感染症対策としてマスクを寄贈

3月1日、内山庄栄幹事はじめ3名が日立市役所を訪れマスク4,000枚を贈呈、

また同日みなみひまわり学園を訪れマスク500枚を贈呈した。小川春樹市長は、

「マスクは毎日使うもので、いくらあっても大変ありがたい」と謝辞を述べ

られた。コロナ禍の今、ロータリー活動が制限されるなか、マスクを寄贈

できたことは社会奉仕の観点でも大変有意義な活動となった。また、日立

市役所での贈呈式の模様はJWAYにて放映され、ロータリーの公共

イメージ向上にも繋がった。